道具紹介(鳴り物)

 藤野囃子では笛(1)、鉦(1)、シラベ(2)、オオバ(1)の5人囃子の構成です。
ここではこの5人囃子が使用する道具を紹介します。

鉦(カネ)
 笛には調子がありますが、藤野囃子では「4本調子、5本調子」の笛を演奏します。今では通常は「4本調子」の篠笛を使用します。  鉦は篠を平たく削った棒に鹿の角を小さくきったものをつけた「スリ棒」で、鉦をたたいたり鉦の面を擦ったりして音を出します。鉦を演奏することを「鉦をスル」といいます。
 演奏の仕方は左手の小指と親指の2本ではさむ様に金を持ち、スリ棒をたたいた時は左手4本の指(人差し指、中指、くすり指)を鉦から浮かせ、またスリ棒をすった時には4本の指を鉦の裏側に指を這わせます。
しらべ(小太鼓) オオバ(大太鼓)
 シラベは二つで1組であり、右側を「シンブチ(真打)」、左側を「ナガレ(流)」といいます。太鼓はボルトで皮を締めており演奏する前に必ず締め具合を調整して2つの太鼓の音を合わせます。通常はシンブチの音をやや高めに調整をします。
 太鼓をたたくバチは朴ノ木から作られたものです。ただ叩くというものではなく、 いい音を出せるようになるには相当の練習が必要です。
 オオバもやはり朴ノ木からできているバチでたたきますが、シラベのバチよりもやや長くできています。オオバはシラベにリズムを合わせてたたくのでリズムを合わせるのが難しく、音も技によって大きく変わります。熟練しないとなかなかたたけるようになりません。